カンジダの潜伏期間と治療法

カンジダ菌は増殖するとカンジダ症を発症し、痒みや白いカスなどを伴います。
カンジダの潜伏期間は2日~1週間と言われていて感染したからといって必ずこの潜伏期間に発症するとは限りません。
カンジダは腸管や口腔・女性の膣などにもともと存在している菌で、中でも「カンジダ・アルビカンス」という菌が増えるとカンジダ症を発症することになります。
数日経てばこの菌の数は少しずつ減少していくでしょう。
菌が増殖してしまう原因として身体の抵抗力の低下があり、抗生物質やステロイド剤などの投与が原因とされています。

もともと体内に保有していますが体調などの変化により増殖し、最初は軽度の炎症や痒みなどを起こすことになるでしょう。
外部から感染したとしても感染時期を特定するのは簡単ではありません。
症状がないとしても性行為を行うことによってパートナーに感染させてしまうこともあるので注意が必要です。

免疫力がしっかりあると菌に感染しても特に問題はないでしょう。
普段から体調管理をきちんとしていると、菌による炎症などを起こさないようにすることが可能です。
男性と女性では症状が異なりますが、女性の場合エンペシドという腟カンジダの再発治療薬があります。
薬局やドラッグストアなどでも購入することができ、菌に優れた抗真菌作用を持っているクロトリマゾールが配合されています。

腟カンジダの原因は通常カンジダアルビカンスで、クロトリマゾールはカンジダアルビカンスに対し高い抗菌作用があります。
エンペシドは水分により発泡しながら崩壊するという錠剤です。
発泡錠で腟内に有効成分が広がり、薬剤が行きわたることになります。
最近インターネットを利用するとさまざまな薬剤を見つけることができ、自分の症状に応じた薬を選ぶことが可能です。
比較的リーズナブルな価格で購入することができ、プライベート梱包で通常郵送されてくるので家族や宅配業者にもばれることはありません。

男性・女性のカンジダの症状

女性にカンジダの症状が現れる場合、多くは「カンジダ膣炎」を発症し、「おりものの変化」「膣の痒み・痛み」といった特徴的な症状が現れます。
カンジダ膣炎の症状の中でも、最も自覚しやすいのが「おりものの変化」です。
正常な状態である「無色・多少の粘性がある」おりものとは、まったく異なものが現れるようになります。
色は白く濁った状態となり、ときには黄色や緑色がかった色の濃いおりものが出てくる場合もある。
またおりものの量が増え、見た目もヨーグルトや粥状のものや、白いカスのようなものが混ざったものへと変化します。

刺激臭を放つこともあり、臭いも正常時とは大きく異なるものに変化します。
カンジダ膣炎ではその他にも「性器の痒み・痛み」の症状も現れる。
症状が軽い場合には痒みも軽度ですが、重くなるにつれ症状は強くなり、耐えられないほどの痒みとなります。
酷い状態ではまったく眠れないほどの痒みとなり、睡眠障害を引き起こすこともあるほどです。

また症状がある程度進行した場合には痒みだけでなく、「性器に痛み」を感じることが多くなる。
軽度のものでは時折チクりとした痛みを感じる程度ですが、重症化すると排尿時に強い痛みを感じる、性行為ができないほどの痛みがある、など生活に支障がでるレベルの症状が現れます。
男性がカンジダに感染した場合、男性器ではカンジダ菌の増殖が起こりにくいため発症すること自体が稀ですが、症状が出る場合には「亀頭炎」に関する症状が現れます。

亀頭や包皮に痒み・痛みを感じる、白いカスのようなものが出てくる、排尿時に痛みを伴う、などが現れる。
カンジダは身体の中に常在する菌であるため、潜伏期間が特定できない場合が多くなります。
感染した場合でも、症状が軽いものであれば自然に治ってしまう場合もありますが、症状が強く出ている場合には、できるだけ早急にエンペシドのような抗真菌薬による治療を受け、菌の増殖を抑えることが大切です。