ジスロマックの副作用は?性病情報まとめの記事一覧

  • 2019.10.29

    性病の検査は匿名でもできるし自宅でもできる

    性病は自覚症状がないものも多く、検査してみないとかかっているかどうかがわかりにくいということがあります。 しかし、性交渉などのプライベートにかかわることでもあるので、人にはあまり知られたくないと考える...記事の詳細

  • 2019.09.06

    コンジローマの潜伏期間と治療法

    コンジローマは、病原菌となるウイルスに感染する事で発症する性感染症の1つです。 ウイルスによる感染症の場合、潜伏期間を経て発症するケースが多いと言われています。 コンジローマの場合、どのくらいの潜伏期...記事の詳細

  • 2019.07.17

    カンジダの潜伏期間と治療法

    カンジダ菌は増殖するとカンジダ症を発症し、痒みや白いカスなどを伴います。 カンジダの潜伏期間は2日~1週間と言われていて感染したからといって必ずこの潜伏期間に発症するとは限りません。 カンジダは腸管や...記事の詳細

  • 2019.05.23

    性器ヘルペスの潜伏期間と治療法

    性器ヘルペスは性行為によって感染する事が多いのですが、セックスだけでなくオーラルセックスやアナルセックスや、手淫などを通じて感染する場合もあります。 まだセックスはしていないので性病に感染している可能...記事の詳細

  • 2019.04.13

    トリコモナスの潜伏期間と治療法

    トリコモナスは、水中でも長時間生存可能な0.1mm程度の病原虫トリコモナスが尿路器官や生殖器官の粘膜に寄生する事が原因で発症する感染症の1つであり、男性と女性で大きく潜伏期間や発症リスクが大きく異なり...記事の詳細

  • 2019.03.12

    クラミジアの潜伏期間と治療法

    クラミジアは、菌単独では増殖する事が不可能な偏性細胞内寄生菌クラミジア・トラコマティスに感染する事で発症する性行為感染症です。 一般的に感染から1週間~3週間程度の潜伏期間を経て発症しますが、感染患者...記事の詳細

  • 2019.02.26

    性病にならないための予防方法

    性病は人間にとって身近な病気ですが、自分には関係ないからと予防を怠っていたり、感染していても気づかず放置していたりするケースは多くあります。 しかしそのまま何の対策もせずにいると症状が進行してしまい...記事の詳細

  • 2019.02.15

    ジスロマックの重い副作用について

    抗生物質の一種ジスロマックは、病気を発生させている菌の増殖を抑え、殺菌することで様々な症状を改善に導く薬です。 ジスロマックは基本的に副作用が少ない薬ですが、下痢や腹痛、吐き気などが現れる場合があり...記事の詳細

  • 2019.02.08

    ネットでジスロマックで副作用が出ても自己責任

    ジスロマックは主成分をアジスロマイシンとする抗生物質です。 クラミジア感染症や歯周病、副鼻腔炎など多くの感染症の治療に効くのですが、広域感染性ペニシリンやセフェム系抗生物質より重篤な副作用であるショ...記事の詳細